リハビリmemo

大学病院でリハビリの研究・臨床をしています。研究と臨床をつなげることに意義を感じています。日頃の発見と思考の記録。

歩行時の振り出しで上手に腸腰筋をつかうためのヒント

人工股関節全置換術(THA)術後、数年経っても回復しにくい筋は、腸腰筋と内転筋である(Rasch A, 2009)。

腸腰筋は歩行時の下肢の振り出しに足関節底屈筋と共同して働いており、腸腰筋と足関節底屈筋はトレードオフの関係にある(Neptune, 2004)。

健常者に歩行時に足部での蹴り出しを意識させると腸腰筋の筋活動が低下すると報告されている(Lewis CL, 2008)。

つまり、腸腰筋の筋活動低下は足関節底屈筋で代償が可能であり、THA後、足関節底屈筋を優位に働かせた振り出しの歩行パターンが定着することにより、腸腰筋の回復が遅延すると推測されている。

紹介する報告は、歩行の振り出し時に足関節底屈筋の筋活動を変化させることが、股関節機能にどのような影響を与えるか検証したものである。

reference)

Immediate effects of different ankle pushoff instructions during walking exercise on hip kinematics and kinetics in individuals with total hip arthroplasty.

Gait & Posture, 2011

対象は、THA術後6ヶ月が経過した女性24名であり、2グループに分けられた。

・足関節底屈を抑制する(decreased pushoff:DP)グループ(n=12)

・足関節底屈を増強する(increased pushoff:IP)グループ(n=12)

両グループはそれぞれ下記の指示のもとに歩行練習を10〜15分施行した。

・DPグループ「歩くときに蹴り出さないように意識して下さい」

・IPグループ「歩くときに強く蹴り出すように意識して下さい」

アウトカムは、Vicon motion system、床反力計を用い、歩行速度、関節角度、関節モーメント、パワーを測定した。

測定時期は、歩行練習前、歩行練習中、歩行練習後とした。

その結果、

DPグループでは、歩行練習後、股関節屈曲パワーが増大し、特に、歩行練習前に足関節底屈筋による蹴り出しの強かった患者ほど、股関節屈曲パワーの増大が認められた。

IPグループでは、歩行練習後、股関節屈曲角度、屈曲パワー、歩行速度の減少が認められた。

どちらのグループにも膝関節への影響は認められなかった。

とのこと。

f:id:takumasa39:20120525230400j:plain

腸腰筋の筋活動改善に有用な報告である。また、誤って足部の蹴り出しを意識したトレーニングが腸腰筋の筋活動を抑制する知見も注意が必要だろう。

今回の報告はimmediate effets(即時的効果)であり、効果の持続性については示されていない。

意識的な練習は、歩行適応の観点において非効率的である。

腸腰筋と足関節底屈筋の関係性に視点をおき、患者さんが無意識的に足関節底屈筋をつかわないような運動課題を提示することがセラピストに求められるのではないだろうか。

 

「説明がわからない」「これが知りたい」などのご意見はTwitter  @takumasa39 まで。